学習障害とはどういう症状なのか?

学習障害とはどういう症状なのか?

 

学習障害という言葉も近頃話題にのぼることが多くなってきました。
Learning Disordersの頭文字をとったLDという呼び方もよく使われていますよね。

 

学習障害というのは、知的発達は正常にもかかわらず、「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算する」などのうち特定の分野の能力だけが習得できなかったり使えなかったりする状態をいいます。

 

ADHDやその他の発達障害を伴う場合もあり、診断には慎重な判断が必要です。
学習障害のなかで最も多いのが読字障害であるディスレクシアであるといわれています。

 

学習障害でよくみられる症状を分野ごとにみていきましょう。

 

「読む」

 

読むことが苦手な子には、目のピントが合わせにくいなど眼球運動に問題がある場合が多いといわれています。文字を目で追うことが難しいと同じ文ばかりを読んだり、飛ばし読みをしてしまったりしますし、ピントがうまく合わせられないと文字が二重に見えて読めなくなるという状態になります。
ほかに、言葉の意味やまとまりを理解できないケースもあり、「り」「ん」「ご」という文字は読めてもそれが「リンゴ」であると理解ができません。

 

・言葉の意味で区切ることができないのでぎこちなく1文字ずつ読む
・形の似ている文字の区別がつかない
・文字や文をとばして読むことが多い
・拗音(ゃ・ゅ・ょ)や促音(っ)の発音ができにくい

 

「書く」

 

学習障害でなくても字が汚いとか漢字が苦手ということはよくありますが、学習障害の場合は反復練習をしても改善しないという特徴があります。

 

・形の似ている文字や部首が同じ漢字などを覚えられない
・漢字のへんとつくりが入れ替わる
・鏡文字を書く
・文字のバランスが悪く、大きさも揃わないのでマス目や罫線に沿って書けない
・句読点を忘れてしまう
・板書や本を書き写すことができない

 

「聞く」「話す」

 

音を聞き分けたり、特定の音だけを注意して聞くといったことが難しいのがこの症状です。

 

・聞き間違いや聞き返しが多い
・言われた内容が理解できないため、聞いた内容を正しく書いたり他の人に話したりできない
・自分の言いたいことがうまく表現できない
・話の筋道が混乱してしまう

 

「計算」「推論」

 

数字や文字などを一時的記憶しておく能力「ワーキングメモリ」が弱い場合、計算や推論などに支障をきたすことが多くなります。

 

・位どりができない
・指を使って計算する
・文章問題の意味がわからない
・図形やグラフなどが読み取れない
・時間の配分や見直しなどの計画性がない

 

⇒ネット塾おすすめランキングに戻る