2020年 教育改革でここが変わる!〜プログラミング必修化〜

2020年 教育改革でここが変わる!?プログラミング必修化?

教育改革でこう変わる!?プログラミング必修化?

 

2020年の教育改革では、プログラミング教育が必修化されるということで大きな関心が集まっていますね。

 

これは、小学校から高校まですべての段階でプログラミングの授業が行われるというもので、これからさらに進んでいくIT社会に向けて、IT技術に興味を持つ子どもたちが増えるようにとの取り組みとなっています。

 

「プログラミング教育」といっても、授業でプログラミングによってアプリを作るなどということを目的としているのではなく、自分たちが実現したい事柄に向けてどのように動けばいいのかということを、動きに対応した記号を組み合わせて理想に近づけていくというプログラミング的思考を用いて論理的に考えられる力を身につけることが目標となります。

 

 

プログラミングにおける基礎的な技術・考え方・試行パターンなどがこれからの社会を生き抜く子どもたちの力になることでしょう。

 

実際の授業についてですが、「国語」や「算数」のように「プログラミング」がひとつの教科として扱われるのではなく、「国語」「算数」などの科目のなかでプログラミングを扱うという位置づけとなっています。

 

たとえば、算数の授業で正三角形や正六角形などの図形の作図をするときにプログラミングを用いて行ったり、音楽の授業ではリズムや音を組み合わせてオリジナルの曲作りを行ったり、というように、既存の枠組みにとらわれない、自由でありながら論理的な発想を教科の中で役立てられるようにしていくのです。

 

プログラミング必修化と聞いて、プログラミング言語を習得してプログラムを組み立てる、ということをイメージし、塾などに通ってテスト対策をしなければ!と慌てる親御さんも多いと思われますが、そうではありません。

 

あくまでも、「プログラミング的思考」の育成をメインとした取り組みであるということを覚えておきましょう。

 

⇒ネット塾おすすめランキングに戻る