2020年 教育改革でここが変わる!〜英語〜

2020年 教育改革でここが変わる!?英語?

 

 

教育改革でこう変わる!?英語?

 

日本で働く外国人や海外で暮らす日本人の増加によりグローバル化がどんどん進んでいる現在、英語をはじめとした他言語を身近なものにしていくことはこれからの社会を快適に生きていくうえで大変重要になります。

 

そこで、今回の教育改革では大きく英語教育の見直しを行うことになりました。

 

教育改革後、発展的な英語教育により目標となる英語力は、高校卒業時にCEFR(欧州評議会によって定められた外国語のレベル定義)のA2からB1以上のレベルを習得していること、ということで、これは日常会話から旅行先でのある程度のトラブルに対応できる英語力を持つということになります。

 

 

今までの英語教育ではなかなか身に付けることができなかったそれらの英語力を身につけるために、今回の教育改革では小学校から高校まで一貫した目標に向けて、それぞれの学年で様々な新しい取り組みがスタートします。

 

〇小学校では、3・4年生になると年間で35時間の外国語活動の時間が組み込まれ、英語の音やリズム・言語としての面白さなどを楽しみながら学んでいきます。

 

〇5・6年生では年間70時間、成績がつく教科として英語が取り入れられます。
アルファベットや簡単な文法など読み書きの基本のほか、聞くことや話すことにも慣れていけるように構成された授業となりそうです。

 

成績も評定が数値で出るタイプのものとなる予定なので、否が応でも英語への関心が高まりますね。

 

中学校や高校になると、英語の授業は基本的に全て英語で行われるようになります。

 

とくに高校では、話すことや書くことを重要視し、英語での発信力を鍛えるため、スピーチやプレゼンテーション・ディベート・ディスカッションなどに積極的に取り組んでいく「論理・表現」の科目が新たに加わります。

 

このように、小学校から高校までのあいだに、しっかりと「使える英語力」を身につけて挑むこととなる大学入試。

 

これまでの「聞く・読む」の2技能に偏った試験内容から「聞く・読む・話す・書く」という4技能をまんべんなく習得できているかを見る試験内容へと変わります

 

そのため、民間の資格や検定試験を活用して、2020年度から2023年度までは大学入試共通テストと併用、2024年度からは「GTEC」「ケンブリッジ英語検定」「英検」「TOEIC」「TOEFL」「IELTS」「TEAP」の7種の資格・検定試験を高校3年生4月から12月の間に2回受検した結果で大学入試の判定を行うことで一本化することになりそうです。

 

これまでの英語教育とはガラリと変わることになりますが、子どもたちが英語をテスト用の教科のひとつではなく、使える言語として習得できるように、家庭でもサポートしていきたいですね!

 

⇒ネット塾おすすめランキングに戻る