社会の勉強法!

社会の勉強法?

 

社会は暗記すればするほど、点数がアップする単純明快な教科です。
ですが、教科書を目で見て覚えるまたは書き込むだけでは非効率です。

 

ではどのようにすれば良いのか?

 

ワークの問題を解くことが一番効率の良い覚え方になります。

 

ワークの問題を見ながら、横に答えを書いていくのでは無く、
1問1問縦に答えを解きながら書いていって下さい。

 

分からないからといって、最初から答えを丸写ししないようにして、
分からない問題は空白のまま空けておいて、次の行に分かる問題の答えを書きましょう。

 

見開き分の答えを書き終えたら、ここで答え合わせを行います。

 

間違えている箇所は、答えの右側あたりに印をつけて(空欄も同じ)、
その答えを隠して、もう一度間違えた箇所のみ問題を解きます。

 

この繰り返しにより、最終的には全問正解となりますが、
全問正解した後に、もう一度全部の問題を解きます。

 

ここで、間違えることが無ければ、次のページに進むというやり方を繰り返しましょう

 

何度も言いますが、答えを丸写しにしても頭には入りません。
必ず問題を解くという事を行って下さい。

 

テスト範囲のワークを完璧に覚えることが出来れば、
80点以上は取ることが可能です。

 

後は、年代を解くときに前後の年代を意識しながら解くと、なお点数がアップします。

 

これは、どういうことかというと、年代を新しい順(または古い順)に並べ替えよという問題が出てくるからです!
この問題を押さえるために、年代は意識しながら覚えることをお勧めします。

 

社会は、先ほども言いましたが、覚えれば覚えるほど点数がアップする教科です。
頑張った分だけ良い点が取れるので、この記事を参考にして頂き、社会を得意科目に変えて行きましょう♪

 

⇒ネット塾おすすめランキングに戻る